バーチャファイター情報部
ゲームレビュー、攻略・裏技情報、最新ゲームNewsなど、お役立ちゲーム情報を色々お伝えしています。
裏技、お勧め攻略リンク、セーブデータ、お宝情報など色々な面でゲームを楽しめるような情報を配信中です。
「バーチャファイター4」用語集
back
受け身
 「受け身」は、攻撃を受けてダウンした状態で受けるダウン攻撃を回避するためのもの。出す方法は、敵の攻撃を受けてから着地する瞬間にP+K+Gを押す。このとき、を押しながら出すと、横転受け身になります。
ARM
 ALL RANGE MOVEの略で、ステージ上を自由に移動できるもの。で、奥に、で、手前に移動することができ、レバーを入れている間は、移動しつづけます。
カウンターヒット
 相手の攻撃が出かけのときや投げ技を足してきたときに、自分の攻撃が当たった状態。カウンターヒットが成功すると、相手に与えるダメージが増えたり、技によっては、相手をダウンさせることが可能。
キャッチ投げ
 相手の攻撃の出始めをつかんでから投げることが可能な投げ。
避け
 にレバーを入れてレバーを戻すことで、相手の攻撃を避けることで、攻守を入れ替えることが可能になります。
避け攻撃
 避けの動作中に、P+K+Gを入力すると出せる攻撃で、キャラごとに正確が違った攻撃になっています。
避け投げ抜け
 避けによって投げを回避し、避けから投げてくる相手に対応するためのもの。
 入力は、先行で、避けを入力してから、投げ抜けコマンドを入力し、最後の投げ抜けコマンドのG以外を離すというもの。Gを押し続けるので、避けが成功したあとの投げモーションが出ない。
ディレイ
 2発以上の攻撃につながる連携攻撃のとき、攻撃のコマンド入力を遅く入力することで、連携攻撃にバリエーションが持たせることができます。
 ディレイを使うと、一旦、攻撃がとまったように見えるので、手を出してきた相手に攻撃を当てることができます。
投げ抜け
 相手の投げ技の前後で、特定の投げ抜けコマンドを入力することで、相手の投げから抜け出せます。投げ抜けのコマンドは、相手の投げコマンドの最後の方向+P+Gになります。

例)
 P+Gの場合は、P+Gと入力します。