PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの最新情報、新作スケジュール、ゲームレビューなど、お役立ちゲーム情報を色々お伝えしています。
PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの裏技、お勧め攻略リンク、セーブデータ、お宝など色々な面でゲームを楽しめるような情報を配信中です。
ゲームレビューや得点が投票できるゲームランキングシステムです。気になるタイトルの最新ランキングの検索もできます。
 ガンダム情報部 ==> エゥーゴvs.ティターンズ ==> ゲーム概要 ==> 通信対戦モード

通信対戦モード
 「機動戦士Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズ」のネットワークモードは、KDDIの「マルチマッチングBB」というネットワークサービスを使用します。
 このサービスは、アナログ回線(電話回線・ISDN回線)だけでなく、ブロードバンド回線(ADSL、FTTH、CATV回線など)での接続が可能です。

▼アナログ回線
 まず、遊ぶためには、「機動戦士Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズ」、プレステ2、モデム、電話回線が必要となっています。
 利用料金は、チャット料金が3分10円、対戦料金が1分13円となっています。これだけでは利用料金が高くなるため月額定額料金を払うことで、利用可能額が増える「ゲームおトクプラン」などのプランがあります。
 詳しくは、こちらを

▼ブロードバンド回線
 まず、遊ぶには、「機動戦士Zガンダム エゥーゴvs.ティターンズ」、プレステ2、PlayStation BB Unitなどゲーム機とブロードバンド回線を接続するための接続機器、ブロードバンド回線が必要となっています。
 利用料金は、DION ADSL・光ファイバー各コースを利用している方は月額800円、これ以外は、月額900円となっています。
 アナログ回線と違い、これだけの料金で遊び放題です。

 次に、通信対戦モードは、次の流れとなります。

・ゲームに接続
 アナログ接続、ブロードバンド接続から自分の接続あった接続を選び、ゲームにログインします。

・ゲームメニュー
 ゲームメニューには、「戦場選択」や「情報局」などがあります。

 「戦場選択」では、マップから戦場を選んでから、その戦場で他のプレイヤーとチャットしたり対戦します。
戦場には、地上マップと宇宙マップの2種類があり、それぞれに複数の戦場があり、戦場によっては、特殊ルールが設定されているものもあります。
 戦場を選ぶと、オペレーションという最大4人までが参加できる部屋に参加したり、新規作成したりします。(1つの戦場で最大20までのオペレーションが作成可能です。)
 また、オペレーションでは、パスワード設定、試合開始までの待ち時間、リロード制限・作戦時間・ハイパーコンビネーションゲージ・ブースと制限といった対戦向けの設定などができます。

 「情報局」では、インフォメーション、バトルランキング、パーソナルランキングなどがあり、最新の情報を確認できます。

・通信対戦開始
 オペレーションで対戦相手が決まったら、エゥーゴかティターンを決めて通信対戦となります。対戦は、最大4人までが参加可能で、4人に満たない場合は、CPUが代役をします。

・通信対戦終了
 通信対戦が終了すると対戦結果が表示されます。続いて、再戦(最大10回)か対戦終了を選びます。対戦が終了したらチャット画面に戻ります。

KDDI さまざまなコンテンツ マルチマッチングBB