PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの最新情報、新作スケジュール、ゲームレビューなど、お役立ちゲーム情報を色々お伝えしています。
PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの裏技、お勧め攻略リンク、セーブデータ、お宝など色々な面でゲームを楽しめるような情報を配信中です。
ゲームレビューや得点が投票できるゲームランキングシステムです。気になるタイトルの最新ランキングの検索もできます。
プレイステーション2
Back全タイトルあ行か行さ行た行な行 は行ま行や行ら行わ行
GENJI
Click here to visit out sponsor
PS2RC
■ゲームレビュー
 カプコンをスピンアウトした岡本吉起氏が設立したゲームリパブリックが開発した第1弾タイトルで、SCEより販売されています。

 「GENJI」のタイトルのように源平の争いの中、主人公の源頼朝の息子「源九郎義経」と義経と剣を交えた「武蔵坊弁慶」の2人をプレイヤーとしています。

 義経なら刀、弁慶なら棍棒や薙刀で倒していくアクションゲームで、森の木々、川の流れ、花びら舞い散る桜といった自然描写、歴史を感じさせる建造物の細かい作り込みがされた美しいステージでのプレイが可能となっています。

 攻撃中には、神威(しんい)ゲージが1ゲージ満タンになると「神威」アクションが出せ、一定時間の間、敵の動きが遅くなり、画面に□ボタンが表示されたタイミングでボタンを押すことで、敵に大ダメージを与えると共に敵を連続して倒すことができ、経験値(※1)が多く手に入ります。(神威ゲージを複数消費することで、敵の動きを見切りやすくなります。)
 強い敵になるほど、タイミングがシビアになるため、一発で相手を倒せる一方で、タイミングをはずしてしまうとダメージを受けてしまい、神威の状態から抜けてしまうので、集中力が必要なアクションといえます。

 また、建物や森の中に隠れていたり・敵を倒したりすると手に入る天鋼(あまはがね)を集めることで、体力・攻撃力・防御力をパワーアップしたり、敵を倒したり・アイテムボックスで手に入るお金で新しい武器・防具・道具などを購入できるので、ある程度の範囲で、体力・攻撃力・防御力を好みにあったキャラ作りができます。

 ゲーム全体として、イベントムービーが随所に入っており丁寧な作り込みで、義経と弁慶を特定の場所で変更可能なので、それぞれのキャラクターでストーリーを進めることができますが、ステージ数としては少ない感じがする上、敵の種類も少ないためボリュームとしては少ない感じがします。

 また、神威アクションを出さなくても攻撃しているだけで敵を倒すことができるので、神威アクションの必然性が薄れてしまっており、神威アクションを絡めた攻略が必要なシーンを盛り込むなど、その醍醐味を感じることができるような流れが欲しかったです。

 ゲームの世界観やデザイン・キャラの動きなどは、かなり良いできだっただけに、非常に残念なタイトルです。

※1
 経験値によってレベルが上がり、体力・攻撃力・防御力が一定量増えます。