PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの最新情報、新作スケジュール、ゲームレビューなど、お役立ちゲーム情報を色々お伝えしています。
PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの裏技、お勧め攻略リンク、セーブデータ、お宝など色々な面でゲームを楽しめるような情報を配信中です。
 CCBのゲームレビュー ==> プレステレビュー ==> た行
Backあ行 か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

ダブルキャスト(SCE)(匿名希望さんの投稿)
 ダブルキャストはめちゃめちゃ面白いです。一度でもいいからやってみる価値ありです。

 私がいまだにマイベストソフトです。だまされたと思って一度やってみて下さい。値段も安いですし、アニメが嫌といわずに一度やればはまること間違いなし!はっきりと断言はできませんが…(人の好みは千差万別ですんで嫌いな人は嫌いかもしれない。でもそれぞれですしね)。

 これ、いろいろなホームページを見て回って得た結論です。でも、他も結構いい評価してたけど。私の気に入ってるとこは、ギャルゲーに見えて実は結構サスペンスしているとこですかね。(これをしてサスペンス好きになりました)。で、内容は恋愛サスペンスといっておきましょうか。私は主人公と美月のラブラブシーンが好きですね。なんかほのぼのしてて…。前半はこのように進むんですが、後半になると急転直下、一気にサスペンスモードに突入してしまいます。その流れがまた無理なく進むんだな、これが。

 テンポもよく、1ゲーム一時間半くらいですかね。一つのドラマを見ると思えばそこそこの時間だと思います。(まあBADですとすぐ終わりますが)。キャラクターもひとりひとり生き生きしてて私は嫌いなキャラはひとりもいません。
そのキャラクターが主人公と美月の関係にからみあっていくとこがいいんですよ。部長や二村とかがね。ぜひ続編をだしてほしーです。今プレステ2でやるドラDVDと銘打って新シリーズが出てますが、私は新シリーズなんて出なくて言いから、ダブルキャストの続編をだしてほしいです。そしたら絶対買いますよ、プレステ2を。

 長くなってしまいましたが、この批評をみてひとりでもダブルキャスト」やってみよーかなーってひとがいたら幸いです。
どこでもいっしょ(SCE)
 「どこいつ」という言葉も定着した大人気キャラクターゲームです。ポケットステーションを一気に普及させたキラーソフトでもあります。

 このゲームは、昔からある人工無能を応用したゲームです。人工無能というと堅苦しそうですが、「プレイヤーが覚えさせた単語を元に、コンピュータと人間の間の会話をしてしまえ!」というものです。

 とはいえ、単語の意味が不明だと、会話が成立しませんね。そこで、「どこいつ」では、単語ごとに「人の名前」「食べ物」といった、単語の所属するジャンルを入力するようになっています。これで、「食べ物」関連の単語が入っていれば、「お腹がすいた」とか「大好物」といった「食べ物」に関連する言葉をくっつけて会話文が作れますね。

 「どこいつ」では会話文が、比較的意味が通っていて、会話のキャッチボールが楽しめるようになっています。会話って、意味が通じて初めて、楽しさや悲しさなどの喜怒哀楽が伝わりますからね。これがヒットの源にあるのだと思います。
 しかも、ネコの井上トロ、ウサギの三原ジュンなどの可愛らしい個性的なキャラクターと、色々な会話ができように作られていますから、幅広い年齢層で、売れているのもうなずけますね。

 そうそう、ポケステ連動が上手くできているのも売れている理由でしょうね。ポケステでもプレステ並の会話ができるようになっていますし、可愛らしいキャラも2Dですが同じようなりアクションを楽しめますから。気分は、ポケステとプレステの間をキャラクターが移動しているに感覚になります。

 最後に、私が、感心したのは、各キャラの生活スタイルを外からノゾキ見ている設定です。例えば、テレビを見たり、トロダンスをはじめたり(これが、かわいい〜)、お風呂に入ったり(なんと、トイレにも行ったりします)する状況を外からノゾキ見ることができるのです。季節に合わせたイベントや、外の雑音が家の中で聞こえたりもします。
 この環境って、普段の人間の日常生活ですよね。多分、人間の日常生活に近い環境を「どこいつ」に用意したことで、プレイヤーが感情移入しやすくなっているのでしょうね。

 本当にプレイヤーが「どこいつ」世界に浸れるように緻密に計算されて作られている作品ですね。
 将来的に、ドリームキャストの「シーマン」のような音声認識を採用して、単語入力ができるようになって、キャラクターが声を出してしゃべるようになると、さらに面白いゲームになりそうですね。
TETRIS PLUS(JALECO:英語版)
 アーケード作品の移植版。タイトル通り、従来のテトリスに加えてパズル版テトリスが追加されています。

 パズル版テトリスでは、各面ごとに決まったブロックが画面下から上に向かって配置してあり、画面上に釣り天井、画面下にゴールが用意されています。
 ここで、知らない方は、ゴールが画面下にあることを不思議に思うでしょうね。
 実は、パズル版テトリスの目的は、全ブロックの消去ではなくて、探検家のおじさんをゴールまで連れていくことなのです。しかも、このおじさん、ブロックをエッチラオッチラ登るという特異な性格の持ち主
 で、おじさんが先ほどの釣り天井に接触した時点でゲームオーバーです。

 このパズルモード、「時間が経つと画面上の釣り天井が段階的に降りてくるプレッシャー」と「ブロックが積み重なって行くプレッシャー」の2重のプレッシャーが、良いバランスになっています。
 過去、色々なテトリスを題材にしたタイトルがありますが、テトリスという単純なルールを活かしたタイトルは、これが初めてでしょうね。
WCW/NWO THUNDER(THQ:英語版)
 北米で大人気のプロレス団体WCWとNWOを題材としたプロレスゲーム。

 レスラーは実際の選手32人から選択できます。日本でお馴染みのレスラーは、HOLLYWOOD HOGAN(ハルクホーガンのことですよ)くらいしかいませんが。
 また、プレイモードは、通常のプロレスモードに加えて、バトルロイヤルや金網マッチなどもあります。椅子を使った凶器攻撃もできますよ。

 各キャラの攻撃は、コマンド方式を採用しています。このコマンドは、VFや鉄拳の格闘ゲームのように、カーソル+ボタンやボタン+ボタンの同時押しではありません。ボタンとカーソールを順番に押していく方式を取っています。例えば、→・○だったら→を押して、次に○を押すという具合です。
 この操作系には、最初慣れませんでしたが、カーソルとボタンを押す順番さえ覚えれば確実に技が出せるので、格闘初心者の方でも楽しめるのではないかと思います。なかなか良いコマンド入力方式です。

 ただ、技がかかるタイミングが大味な感じがするので、VFのようなシビアなタイミングが要求される格闘ゲームが好きな方には合わないかもしれませんね。

 突然、花道から選手が乱入したり、レスラー選択画面で各レスラーの実写ムービーが流れたり、ちょっとした実況中継が入ったりと、アメリカのプロレスを体感するには良い作品になっていると思います。
鉄拳3(ナムコ)
 アーケードで人気だった格闘ゲーム。

 アーケードの処理能力がPSよりも1.5倍から2倍程度高いため、キャラの作りなおしやモーションキャプチャの圧縮など数々の高いハードルがあったようですが、さすがですね、アーケードクオリティです。特に、プレイヤーもその動きが分からなくなると言われるエディーがアーケードクォリティで動いていたのには、目を見張るものがありました。
 ナムコ定番のハイクオリティーなオープニングMOVIEやエンディングMOVIEも健在です。特に、エンディングMOVIEの「パンダVS熊」はお勧めです。え、どんなものですかって?これは、実際にプレイして見てくださいね。とにかく笑えますから。
 また、PSオリジナルキャラ、鉄拳フォースモードなどのオリジナルモード、過去のPSの鉄拳の音楽とCGが楽しめるシアターモードなど、「CD一枚によくここまで詰め込んだな」と感心させられる作品です。さすがナムコという一作です。
電車でGO!(タイトー)
 おじさん達をゲーセンに駆り立てたと噂されるアーケードゲーム「電車でGO!」の移植版。

 鉄道関係の情報を結集して作られたマニア受けのゲームとも取られそうですが、実際にプレイしてみると、これがノメリ込むノメリ込む。本当に面白いです。
 特に、電車の沿線の景色も「あっ!!ここ見たことがある!! 」といったように実際の場所を元に作られているので、これがノメリ込む一因になっているのでしょうね。操作の方も簡単で完全なパターンゲームなので、繰り返しプレイすれば必ず最後まで到着できるというのも魅力かもしれません。

 余談ですが、このゲームをすると、実際の路線に乗っているときに、採点してしまいますね〜。この運転手は、減速がが甘いとか。
チョコボの不思議のダンジョン(スクウェア)
 ランダムに作られる迷路を地下へ地下へ探索し続けるという、SFCのトルネコの血を受け継ぐ作品。主人公は、FFのチョコボ。なぜかCG作成はバンプレストです。

 システムは、トルネコ系(ローグ系といった方が正確かな)なので、敵を魔法や武器で攻撃したり、敵から逃げ回わりながら、武器や防具などのアイテムをひたすら探しまくるというもの。また、見つけたアイテムは、合成することで新たな能力を持ったアイテムにすることができます。

 とにかくシンプルなゲームですが、新しいアイテムを探したり、合成して新たなアイテムを作る楽しみがあります。
最初は、単調で面白くないかなとも思っていたのですが、不思議とハマッテしまいましたね。このゲームには。あえて1つ言うとしたら、100ステージが繰り返されるため敵キャラが元に戻ってしまうことと、敵キャラの色が変わるだけというのが気になりました。ただこれは、この手のゲームの宿命なのかもしれませんが。
ダービースタリオン(アスキー)
 競走馬育成ゲームの頂点を極めるこの作品。

 初代ダビスタのシステムを踏襲しつつ、勝てる馬を育て上げる難しさや、G1で勝ったときの喜びが感じられるようなうなシステムに成長してます。このため、あまり競馬に興味のない人でも楽しくプレイできる作品になってます。
ただし、凱旋門賞(ダビスタの最終目標であるレース)に出れる馬を作るには、かなりの時間を費やすことは必死ですけどね。
 私は、馬を育てるよりも競馬に燃えてましたけど。何か勘違いしてますね。