PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの最新情報、新作スケジュール、ゲームレビューなど、お役立ちゲーム情報を色々お伝えしています。
PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの裏技、お勧め攻略リンク、セーブデータ、お宝など色々な面でゲームを楽しめるような情報を配信中です。
 CCBのゲームレビュー ==> ゲームボーイアドバンスレビュー ==> わ行
Backあ行 か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

メイド イン ワリオ(任天堂)
 「メイド イン ワリオ」は、200以上のミニを越えるプチゲームが収録された瞬間アクションゲームで、64DD向け「ポリゴンスタジオ」に収録されたミニゲームが原点となっています。

 プチゲームというのは、5秒程度で終わるような短時間で勝負がつくゲームで、「針の穴に糸を通す」「バナナを向いて食べる」「本物のGBA本体を4つから選ぶ」などなど、かなり変わった内容のものが多く収録されています。

 ゲームは、ワリオカンパニーの社員が登場するストーリーに沿って進行します。各ステージでは、息つく間もなく次から次へと出題されるプチゲームをクリアして、規定数クリアすると出現するボスを倒すとクリアとなります。ただし、プチゲームを1つ失敗するごとにライフが1減り、0になると、そこでゲームオーバーとなります。

 プチゲームは、各ステージのテーマに合わせて、スポーツゲーム、任天堂のゲーム、パズルゲームといった内容が登場します。
 任天堂のゲームでは、「F-ZERO」や「ゼルダの伝説」を題材とした実ゲームを題材としたものが登場するので、初めて登場すると、ちょっとした驚きがあります。

 次から次へと登場するプチゲームですが、いきなり出てきて何をして良いか分からないとゲームのテンポが阻害されて楽しさが半減してしまいますが、この点は、心配ご無用。ゲームの雰囲気や短い解説で、直感的に迷うことなく遊べるようになっています。また、同じプチゲームでも色々な難易度があるという凝りようで、同じプチゲームと思って油断するとミスをしかねません。

 ステージが進むと、サブゲームというプチゲームよりは少し長めに遊べるゲームや、1台のゲームボーイアドバンスで、LとRボタンに分かれて対戦ができるVSゲームなども楽しめます。

 とにかくテンポがよく、そのゲームのアイディアに脱帽する作品です。子供から大人までが楽しめる内容で、1人で遊ぶだけでなく、友達・家族で集まってワイワイしながら楽しむには最適なゲームだと思います。