PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの最新情報、新作スケジュール、ゲームレビューなど、お役立ちゲーム情報を色々お伝えしています。
PS3・Wii・Xbox360・NDS・PSP・PS2などの裏技、お勧め攻略リンク、セーブデータ、お宝など色々な面でゲームを楽しめるような情報を配信中です。
 CCBのゲームレビュー ==> ファミコンレビュー ==> ま行
Backあ行 か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

桃太郎電鉄(ハドソン):支部長さんの投稿
 すごろくタイプのボードゲーム。日本各地の物件や鉄道を買い入れながら、決められた年数の間、日本全国の駅を巡り、収益を競っていくことが目的。一人から四人まで遊ぶことができる。

 ゲームに参加しているプレイヤーには、それぞれ個別の目的地が設定されている。プレイヤーはサイコロを振り、出た目の分だけ列車を進めていく。このとき、駅のマス目にちょうど止まることができた場合、その駅にある鉄道や物件を購入することができる。進み終えたところでもう一度サイコロを振り、持ち金増減イベント、物件をもらう、サイコロをもう一度振る、などのイベントが出目に対応して起きていく。この繰り返しを、春夏秋冬の四ターンで行い、ゲームを進めていく。

 冬のターンが終わると、それぞれのプレイヤーが持っていた鉄道と物件から収益が得られる。また、目的地の駅に着くと、前回の目的地からの距離に応じた分の現金をもらえる。これらのお金とイベントで得たお金で、さらに物件や鉄道を買いつつ、全国を巡っていく展開になっている。

 発生するイベントは、四季ごとに大きく特徴つけられている。また、物件と鉄道にも大きな特徴が設定されており、プレイヤーは、その季節に起きるイベントや目的地までの距離、持ち金と資産の収支などを計算しながら、その時々の行動を選択していくことになる。ただし、これらの特徴は判りやすいため、ひとたび理解してしまえば、勝つためにすべきことがほぼ誰にでも判ってしまう。それゆえ、ゲーム初心者と上級者が勝負をしても、ほぼ対等な勝負となっていく。

 ほんとうに勝ち負けを意識してプレイするならば、目押しでいい出目を狙うというアクション性が重視されるゲームになってしまう。しかし、プレイヤー同士で競い合わず、和気あいあいと楽しむにはちょうどよいゲームバランスを保っている。場面場面でちょっとした賭けをするかどうか悩み、その結果を悲喜こもごも受け入れていくゲームなのである。
MISS.PEACH WORLD(ハッカーインターナショナル):支部長さんの投稿
 ディープなファミコンマニアの間では”スーパーマリオワールドの続編”として名高い横スクロールアクションゲーム。パッケージのグラフィックはピーチ姫に酷似しているが、ゲームオープニングのグラフィックはマリリンモンローという破綻した設定によって、マニアを引き付けることに成功している。ロサンゼルス警察に赴任したさらわれ好きなピーチが、スケボーを武器にとらわれの婦警を救出に向かうストーリー。

 ピーチの攻撃にはジャンプしてからのローリングスケボーアタック、地上でのパンチがあり、武器をひろって投げることもできる。ダイナマイトを投げると敵が木っ端微塵になってしまうグラフィックは一見の価値があり、かつまた爽快感に溢れている。
 しかし、投げそこなうとピーチもバラバラになってしまうところは、まさにハッカーインターナショナルらしい破天荒なゲームといえる。

 ステージの仕掛けとして、強力なバネが用意されているところがある。このバネは地面についているだけでなく、背景の壁にもついており、バネからバネへと吹き飛ばされながらステージを進まされていくピーチの姿は、ソニックアドベンチャー(DC)をも連想させる。操作性の向上に気を使わないメーカーだけに、物理法則をも無視した動きにプレイヤーは戸惑ってしまうが、操作に慣れてくると、その他のゲームにもこのようなハチャメチャなゲーム性が欲しいと思ってしまうような魅力が潜んでいる。

 この作品は、アメリカで制作されたということになっており、ピーチをモノ扱いするような過激なステージ構成もやや納得できる。しかし、そのわりには、ステージの合間にとらわれの婦警がピーチに話し掛けてくるときのセリフが、よくよく読むとローマ字表記になっており、この脱力具合もまたハッカーインターナショナルらしい。

(CCB:このタイトルは、ノーライセンスものだそうです。)