DC・PS2・Xbox・GBA・GameCubeなどの最新情報、新作スケジュール、ゲームレビューなど、お役立ちゲーム情報を色々お伝えしています。
裏技、お勧め攻略リンク、セーブデータ、お宝情報など色々な面でゲームを楽しめるような情報を配信中です。

■Ultimate Fighting Championship: Tapout
発売日:2002年04月18日
メーカー:カプコン
平均点: 6.3333点(45位)/投票数: 3票(21位)
このタイトルに投票する

■覆さんの投票(投票日:2002/08/15)
総合点:「7」/ ストーリー:「2」/ グラフィック:「5」/ サウンド:「5」
難易度:「2」/ 操作性:「4」/ お買い得度:「3」/ 続編希望度:「2」
UFCとか格闘好きはかなり買って損ないと思う。
とにかくキャラが綺麗!ゲーム画面が綺麗です。
あとPS2にでるのとはグラフィック比べらんない・・・・・。
宇野の顔がPS2だとおかしい・・・・・。
やっぱグラフィック悪すぎ・・・・・・だなPS2は・・・・。
■Take-2さんの投票(投票日:2002/09/04)
総合点:「6」/ ストーリー:「2」/ グラフィック:「3」/ サウンド:「2」
難易度:「4」/ 操作性:「3」/ お買い得度:「2」/ 続編希望度:「3」
UFCシリーズの続編ですが、何というか相変わらず濃いのに淡泊って言うか・・・独特の感覚は健在です。
バーリトゥードの持つ硬派な雰囲気がひしひしと伝わってきます。
一瞬も気の抜けない緊迫感、ねちっこい攻防など、お好きな人には堪らない内容のゲームです。
キャラクターエディットもかなり充実していて、楽しさ倍増って感じに。
反面、操作に慣れてないとまったく試合にならない敷居の高さは、気軽に購入を薦める事を躊躇わせます。
良くも悪くも趣味性の強いソフトです。
本当にお好きならどうぞ、って感じでしょうか?
■暗黒星さんの投票(投票日:2002/12/05)
総合点:「6」/ ストーリー:「1」/ グラフィック:「3」/ サウンド:「2」
難易度:「4」/ 操作性:「4」/ お買い得度:「3」/ 続編希望度:「2」
 バーリトゥード大会の元祖、UFCを題材にした「格闘ゲーム」。
 前作はDCにて発売されてました。

 立ち技での打撃による二択を取っ払って、グラウンドの攻防
 (マウントからのパンチ、関節技)が加わった3D格闘ゲーム。
 相手の攻撃に対する対処が身につくまでは、攻撃がバンバン決まる
 大味な展開だが、タックルを切る、関節を抜ける、相手の打撃を
 読んでキャッチする、などを覚えると逆に攻撃する側にリスクが
 発生して「仕掛けると損」になっていき膠着状態のなかで相手の裏を
 かきあうねちっこいゲーム展開に変化していく。

 つまり待ちがかなり強いゲーム性なので、もうちょっと攻めて
 勝てる方向に調整して欲しいところ。ガチンコでやると結局
 読まれないようにローリスクの打撃(立ち技)の打ち合いなって
 しまい、グラウンド抜きで全然UFCらしくない戦いになるので。

 前作(DC版)からの違いは新キャラ(宇野薫ほか数名)の追加、
 エディットが試合をして育成するモードが無くなり、決まった
 ポイントの割り振りでオリジナル選手を作るだけになった。
 シングルモードの形式の変更など。

 特にシングルはチャンピオンとして防衛戦をこなし、ラスボス
 (なぞの超人アルティマン)を倒して真のチャンプになる
 チャンピオンロードが無くなったのはちょっと残念。
 
 グラフィック、演出面は全く進化してません。いや、キャラは
 リアル造形になってるけど、宇野君とか全然似てないですな。
 せっかくX箱なのにロードも激遅だし。

 なお後発の他機種(PS2、GC)ではさらにキャラが増えたり
 (カーロス・ニュートンとか)エディットに試合をして育成する
 モードが復活してたりするので、そちらを購入する方がいいかも。